|日本Linux協会| 日本Linux協会からのお知らせ [2006年度] |

NSUG:第18回シンポジウムのお知らせ

日本 Linux 協会

2006-08-29

                                                    2006年8月29日

日本Linux協会 会員の皆様へ


日本サン・ユーザ・グループ(NSUG)様より、シンポジウムのお知らせを
頂きましたのでご案内致します。
詳細に関しましては、NSUG事務局(office@nsug.or.jp)まで、
直接、お問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。

---以下、ご案内------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第18回 NSUGシンポジウムのご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本サン・ユーザ・グループでは、2006年9月22日(金)に第18回目と
なるNSUGシンポジウムを港区青山のTEPIAにて開催いたします。
基調講演では、今年4月に地球シミュレーターの35テラフロップスを
抜いて、国内では最速の処理能力を持つスーパーコンピューターと
なった東京工業大学の「TSUBAME (Tokyo-tech Supercomputer and
UBiquitously Accessible Mass-storage Environment)」についての
講演の他、SunからはOpenSolarisコミュニティ・マネージャーのJim
Grisanzio氏にご講演いただきます。

今回は、特に多くの方にご参加いただきたく、NSUG会員以外の方も
参加費無料とさせていただいております。シンポジウム終了後には、
懇親会も行います。どうぞ皆様奮ってご参加ください。

尚、当日午後より会場にてSolaris用フリーソフトウェア集の最新
バージョン『NSUG-DVD'06』の配布を開始いたします。
(NSUG-DVDは、NSUG会員の方のみの配布となります。)

■ 概要

日 時: 2006年9月22日(金) 10:00 〜 19:15
        ※シンポジウムに先立ち 9:30より同じ会場で会員総会
      が開催されます。(総会はNSUG会員のみ参加可能です)

会 場: (財)機械産業記念事業財団 TEPIA 4F TEPIAホール
     〒107-0061 東京都港区北青山2-9-44
     TEL: 03-5474-6111
     http://www.tepia.jp/access/index.html

参加費: 無料

定 員: 140名
      (お申込み多数の場合、会員優先とさせていただきます)

申込方法: NSUG Webのセミナー・シンポジウムページ
      http://www.nsug.or.jp/seminar/sympo.html
      よりお申し込みください。Emailの場合は、添付の参加
      申込書に所定の事項をご記入の上、NSUG事務
      (office@nsug.or.jp)宛にお申し込みください。

申込締切日:9月15日(金)

参加証送付:9/11以降にE-mailにて参加証をお送りいたします。

主 催 : 日本サン・ユーザ・グループ(NSUG)
協 賛 : サン・マイクロシステムズ株式会社

Webでのご案内ページ:
  http://www.nsug.or.jp/seminar/sympo.html
  http://jp.sun.com/communities/users/0608/feature02.html


■ プログラム
-------------------------------------------------------------------
9:00〜    受付開始
9:30〜10:00  NSUG会員総会 (NSUG会員の方のみご出席いただけます)
-------------------------------------------------------------------
<シンポジウム>
10:00〜10:15 祝辞・ご挨拶
       サン・マイクロシステムズ株式会社

10:15〜11:15 基調講演1:
       『TSUBAME(Tokyo-tech Supercomputer and UBiquitously
         Accessible Mass-storage Environment) Grid Cluster』

       東京工業大学 学術国際情報研究センター
       産学官連携研究員(特任助教授) 西川 武志 氏

       概要:
       東京工業大学学術国際情報センターにて2006年4月1日から稼働
       し始めたTSUBAME(Tokyo-tech Supercomputer and UBiquitously
       Accessible Mass-storage Environment) Grid Clusterの基本
       構成、どのような戦略によって一大学の予算で日本一となるス
       ーパーコンピュータの調達を実現したのか、4月からの性能評
       価速報、今後どのようにこのシステムを活用して行くのかにつ
       いて紹介いたします。

11:20〜12:20 基調講演2:
       (仮題)『OpenSolarisプロジェクトの成果と展望』

       Mr. Jim Grisanzio
       Engineering Community Manager, OpenSolaris
       Sun Microsystems, Inc.

       概要:
       まず、この一年あまりのOpenSolarisプロジェクトにおける進
       展や成果の概要に関して説明します。技術的な内容に加え、プ
       ロジェクト全体の運営の憲章に関しても、近々正式に決定する
       予定に沿って解説します。加えて、今後の技術的に重要なロー
       ドマップを説明します。

-------------------------------------------------------------------
12:20〜13:30  昼食休憩(昼食は各自でお取りください)
-------------------------------------------------------------------
13:30〜14:30 『Sun Javaアイデンティティ管理製品によるCTC社内導入物語』

       伊藤忠テクノサイエンス株式会社
       プラットフォーム技術部 Sun技術課 松山 雄一郎 氏

       概要:
       個人情報保護法が制定され、各企業によるコンプライアンスの
       確立と徹底した運用が求められるなど、昨今の企業を取り巻く
       環境の変化に伴い、アイデンティティ情報の利用、共有、管理
       がイントラネットにおける重要な基盤となってきました。
       CTCが逸早く社内導入した、Sun Java製品によるアイデンティ
       ティ管理プロジェクトの事例を、導入にまつわる苦労話や注意
       点を織り交ぜご紹介いいたします。

-------------------------------------------------------------------
14:45〜15:45 『Sun Rayへの道』

       沖縄県 浦添市 企画部
       情報政策課 情報政策係長 上間 泰治 氏

       概要:
       平成14年4月にメインフレームを捨てオープン系に移行し、
       平成12年より各種シンクライアントを導入。また、今年、情
       報処理推進機構の「自治体におけるオープンソースソフトウ
       ェア活用に向けての導入実証」をとおして、Sun Rayバーチャ
       ル・ディスプレイ・クライアント及び StarSuite 8 に至るま
       での各種事例紹介。

-------------------------------------------------------------------
15:45〜16:05 コーヒーブレイク(NSUG-DVD'06の配布を予定)
-------------------------------------------------------------------
16:05〜17:05 調整中
       ※詳細が決まり次第、ご案内いたします。

-------------------------------------------------------------------
17:15〜 19:15 懇 親 会
-------------------------------------------------------------------
* 講演内容等プログラムは、変更になる場合もありますのでご了承下さい。
* 講師略歴については、NSUG Webをご覧ください。

■ 参加申込み方法

  NSUG Webの申込フォーム
  http://www.nsug.or.jp/seminar/sympo.html
  よりお申込いただくか、添付の申込書をNSUG事務局宛にお送りください。


----------------------->8 CUT HERE 8<------------------------

<第18回 NSUGシンポジウム参加申込書>

To: office@nsug.or.jp (Fax:03-5717-5490)
Subject: NSUGシンポジウム(9/22)申込

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以下、ご記入いただきます個人情報は、個人情報保護法に照らし合わせ、
NSUGセミナーの運営管理の目的に限って利用させていただきます。
当会の個人情報保護方針については、http://www.nsug.or.jp/privacy/
をご覧ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第18回NSUGシンポジウム(9/22:TEPIA)に参加を申し込みます。
--------------------------------------------------------------------
ご氏名(必須):  [   ]
貴社・団体名:  [   ]
ご所属:        [	]
ご住所  :    [〒 ][	]
電話番号 :    [	]
Email(必須):    [	]
---------------------------------------------------------------------
☆以下にお答えください。(必ずご記入下さい。)

   1.NSUG会員です。		       [Yes or No]
	Yesの場合、会員番号をご記入ください:  [     ]

	組織会員(Sから始まる会員番号)のみ、5名様までご参加いただけます。
	参加人数をお書き下さい。        [   ]名

   2.NSUG会員以外の場合は以下お選びください。 a or b[  ]

      a.NSUG入会と同時にシンポジウムに参加申込をします。
     * 入会申込書を本申込書とともに、NSUG事務局宛にお送りください。
      入会は、http://www.nsug.or.jp/about/appli.html よりお申し
      込みいただけます。

      b.NSUGには入会せず、シンポジウムのみ参加申込をします。

  3. シンポジウム後の懇親会参加予定をお聞かせください。
	懇親会に参加する予定です。	     [参加 or 不参加]

	組織会員の方のみ懇親会参加人数(5名まで)をお書きください。
	                     [  名]

  4. 備考欄:[     ]

-------------------------- CUT HERE -------------------------

《お申し込み/お問い合わせ先》
        日本サン・ユーザ・グループ事務局
        〒158-8633 東京都世田谷区用賀4-10-1 SBSタワー
        TEL:03-5717-5090  FAX:03-5717-5490
        Email:office@nsug.or.jp
        URL=http://www.nsug.or.jp/

---以上、ご案内------------------------------------------

+ -------------------------------------------- +
日本Linux協会 事務局
〒107-0052 東京都港区赤坂4-13-13
TEL:03-5549-1177  FAX:03-5549-1178
E-mail:sec@linux.or.jp  http://jla.linux.or.jp/


このサイトに関するご意見・ご要望は 送信フォームよりお送りください。