|日本Linux協会| 日本Linux協会からのお知らせ [2006年度] |

JPSA:セミナーのお知らせ

日本 Linux 協会

2006-08-31

                                                    2006年8月31日

日本Linux協会 会員の皆様へ


社団法人日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会(JPSA)様より、
セミナーのお知らせを頂きましたのでご案内致します。
詳細に関しましては、JPSA 業務課 鈴木様(h_suzuki@jpsa.or.jp)まで、
直接お問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。

---以下、ご案内------------------------------------------

                              2006.8.16
JPSA会員各位
           (社)日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会

**********************************************************************
           セミナー/座談会参加者募集
   9/14開催『オープンソースソフトウェア利用ビジネスの最前線』
**********************************************************************
     http://www.jpsa.or.jp/seminar/2006/0914_seminar.html

    関┃連┃部┃署┃等┃に┃も┃ご┃回┃覧┃く┃だ┃さ┃い┃
    ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
                −記−
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■タイトル(OSS推進研究会主催)
 『オープンソースソフトウェア利用ビジネスの最前線』
   ・OSS開発現場からの声、OSSビジネスの仕組み作りの今
   ・LinuxWorld Sanfrancisco 2006 OSS最新動向レポート
 
■日時
 平成18年9月14日(木) 15:00〜17:00(受付14:30〜)

■場所
 社団法人日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会 会議室
 〒100-0014東京都千代田区永田町2-4-2 秀和溜池ビル4F
 TEL: 03-5157-0780 地図:http://www.jpsa.or.jp/profile/jpsa_map.html

■内容
----------------------------------------------------------------------
 15:00〜15:05
 開会挨拶
----------------------------------------------------------------------
 15:05〜15:50
 テーマ:『OSSの利用からOSSの自主研究開発まで』
 講師:藤原 博文氏
    〔タイムインターメディア(株) 常務取締役/知識工学センター〕
 概要:タイムインターメディア社が取り組むOSSビジネスとOSS利用がもたら
    す技術力や知名度の向上、コスト削減効果などのメリットについてご
    説明いたします。
     ●社内状況について
       自社内において利用するサーバー等のシステムは、Linux等
       OSSの利用率が約50%ある。社員がソフト開発に利用するOS環境
       については選択を各自の自由裁量に任せ、社員によっては、
       複数OS(Linux,Windows,Mac)利用したソフト開発を行う者も少
       なくない。大部分の社員がOSSを何らかの形で利用経験がある。
     ●ビジネスについて
       オープンソースを拡張などして直接利用したビジネスを展開し
       ている。
       1)製品名:『kabayaki』(日本語検索統合環境)
         Namazuを利用した製品
       2)製品名:『幕の内』(コンテンツマネジメントシステム)
         Zope/Pythonをベースに開発。
     ●OSSの自主研究開発について
       自社においてScheme(Lisp系言語)の研究開発者との共同研究開
       発で、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の援助を受けた
       実績がある。また、アプリケーション開発のためのフレームワ
       ークとして、Kahuaを開発している。自社で公開したOSSの利用
       者がOSSの研究開発者に応募し、現在主開発要員として活躍し
       ている。
----------------------------------------------------------------------
 15:50〜16:00 休憩
----------------------------------------------------------------------
 16:00〜16:30
 テーマ:『OSS最新動向 -LinuxWorld San Francisco2006レポート-』
 概要:8月14日〜17日にサンフランシスコで開催されたLinuxWorld SanFra
    ncisco 2006のイベントに参加した方からグローバルにおけるLinuxお
    よびOSSに関する最新情報や今後の動向をイベントの様子やエピソー
    ドも交えながらレポートします。
----------------------------------------------------------------------
 16:30〜17:00
 テーマ:『OSSビジネスに関する座談会』
 概要:技術、GPL、業務の仕方など様々なことを伺える機会です。社業また
    は個人的にでもOSSに関して日頃から疑問に思われていることを率直
    に議論してみませんか。(詳細な情報を調べる必要があるご質問の場
    合、事前にご連絡下さい。)
----------------------------------------------------------------------
■定員
 20名
 ※1社複数名ご参加可能です、その際はお手数ですが1名ずつお申込ください。
 ※申込先着順です。定員になり次第、締め切ります。
 ※当日はお名刺をご持参ください。

■対象
 JPSA会員および一般

■参加費
 JPSA会員:無料
 非 会 員:1,000円
 ※当日受付でお支払いください。領収証をご用意します。

■申込
 以下URLよりお申込ください。
 http://www.jpsa.or.jp/seminar/2006/0914_seminar.html
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 <本セミナーへのお申込は、上記申込URLよりお願いいたします>

本セミナーへの参加申込は、以下の事項に同意の上、お申し込みください。同
意いただけない場合、及び参加申込みに必要な個人情報を提供いただけない場
合は、参加申込みの受付や登録、及び各種情報提供などができませんので、予
めご了承ください。

○記入いただいた個人情報は、本セミナーの参加申込の受付の他、各種ご連絡
 (開催時間・場所等の変更連絡などを含む)の際に使用させていただきます。
○提供いただいた個人情報の開示・訂正・利用停止・削除を希望される場合は、
 ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応致します。なお、
 開示の方法は、原則電話連絡(口頭)又はFAX送付による対応をさせていた
 だき、無料で対応致しますが、他の方法を希望される場合は実費にて対応さ
 せていただきます。
○本セミナーの実施記録として、開催当日、写真撮影・録音・録画などを行う
 場合がございますので、予めご了承ください。なお、撮影した写真等の一部
 を講演録や議事録などに掲載させていただき、当協会のホームページ等に公
 開する場合がありますので、予めご了承ください。
○本件に関するお問い合わせは、以下までご連絡ください。
 ◇お問い合わせ先
  社団法人 日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会(JPSA)
  業務課 鈴木(啓)TEL:03-5157-0785 E-mail:h_suzuki@jpsa.or.jp
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
                                以上

---以上、ご案内------------------------------------------

+ -------------------------------------------- +
日本Linux協会 事務局
〒107-0052 東京都港区赤坂4-13-13
TEL:03-5549-1177  FAX:03-5549-1178
E-mail:sec@linux.or.jp  http://jla.linux.or.jp/


このサイトに関するご意見・ご要望は 送信フォームよりお送りください。