|日本Linux協会| 日本Linux協会からのお知らせ [2006年度] |

OSDL:第3回 OSDL-Japan Linux Symposium開催のお知らせ

日本 Linux 協会

2006-10-24

                                                   2006年10月24日

日本Linux協会 会員の皆様へ


OSDL Japan(オープンソースデベロップメントラボジャパン)様より、
シンポジウム開催のお知らせを頂きましたのでご案内致します。
詳細に関しましては、主催社であるOSDL様のウェブサイト内にある
「お問い合わせ」フォームより、直接お問い合わせ下さいますよう
お願い申し上げます。

---以下、ご案内------------------------------------------

第3回 OSDL-Japan Linux Symposium開催(11月9日)


OSDLは、今年度の活動目標「Bridges to Communities」(開発コミュニティ
への橋渡し)の一環として、米国からLinux/OSS関連システムの開発コミュ
ニティのリーダーを招聘し、日本のソフトウェア技術者向けのイベント
「OSDL-JapanLinuxSymposium」を開催しています。

6月13日、9月11日に続く今年3回目のイベントも、日本のソフト
ウェア技術者の方々が、オープンソースの開発リーダーと対面で情報交換
できる機会をご提供することを目的としております。

第3回 OSDL-Japan Linux Symposium開催概要

※プログラム詳細および参加申込みは、以下をご覧ください。
http://www.osdl.jp/modules/eguide/event.php?eid=3

◇日 時 :2006年11月9日(木) 9時30分〜16時30分(9時00分受付開始)
◇場 所 :銀座文祥堂イベントホール
          http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=4&ino=BA640997&grp=mapionlight1
     東京都中央区銀座3丁目4−12
     文祥堂銀座ビル2階
     TEL: 03-3556-3539
◇参加費 :無料 (事前登録制)
◇定 員 :150名 (定員となり次第 受付終了)
◇対 象 :Linuxに関心があるソフトウェア開発者
           オープンソースのソフトウェア開発に貢献したい開発者

◇プログラム
[テーマと講演者]
  - Myths, Lies and Truths for Linux Kernel(Greg Kroah-Hartman)
 - The Device Driver Roadmap(James Bottomley)
 - Fully Automated Testing of the Linux Kernel(Martin Bligh)
 - Linux Kernel Trace Tools and djprobe (平松雅巳)
 - Linux Standard Base (Theodore T'so)
 - パネルディスカッション
  (Greg Kroah-Hartman、James Bottomley、亀澤寛之、柴田次一)

詳細は上記のWebを参照してください。
また、講演資料も同Webより事前にダウンロードできるようにする予定です。

---以上、ご案内------------------------------------------

+ -------------------------------------------- +
日本Linux協会 事務局
〒107-0052 東京都港区赤坂4-13-13
TEL:03-5549-1177  FAX:03-5549-1178
E-mail:sec@linux.or.jp  http://jla.linux.or.jp/


このサイトに関するご意見・ご要望は 送信フォームよりお送りください。